ユーヴェのMFを狙うマンチェスター勢

ユヴェントスのMFアルトゥーロ・ビダルをマンチェスター・ユナイテッドとマンチェスター・シティのマンチェスター勢が狙っていると報じられている。ユヴェントスとしては売却に好意的であり、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、マンチェスターの両雄がビダル獲得の可能性を問い合わせたという。ユヴェントスとしてはビッグネームのストライカーを獲得するための資金のためにビダルを手放す事も厭わない考えのようで、条件が合致すれば今夏の放出も有り得そうだ。ユヴェントスの希望は2000万ポンドと見られており、マンチェスター勢は獲得の検討に入っているとのこと。

ファシオを狙うリヴァプールとアーセナル

リヴァプールとアーセナルはセビージャのDFフェデリコ・ファシオの獲得に興味があるようだ。『Estadio Deportes』によれば、アルゼンチン代表経験のあるファシオを夏のマーケットで獲得したいとプレミアリーグのクラブが狙っているという。ファシオの代理人は今季終了後の移籍の可能性を認めており、『Tuttomercatoweb』に対して6月までにプレミアリーグ、ブンデスリーガ、そしてセリエAなど色々な可能性が浮上しそうだと語っている。

ドイツの若手にトッテナムとインテルが興味

ニュルンベルクのストライカー、セバスティアン・ポルターにトッテナムとインテルが興味を持っているようだ。両チームのスカウトは、U-21ドイツ代表がU-21イタリア代表と戦った週末の試合を視察している。ポルターはヴォルフスブルクのユース出身で、今季はニュルンベルクにローン加入している。ヴォルフスブルクとの現在の契約は2014年までのようだ。

(筆:Qoly編集部 L)

{module [170]}
{module [171]}
{module [190]}