EPL第33節、レディング対リヴァプール戦でこんな珍事があった。後半立ち上がり、マーク・クラッテンバーグ主審はファールでダニエル ・スターリッジを止めたレディングMFダニー・ガスリーにカードを提示しようとするが・・・。

クラッテンバーグ主審は前半にはリヴァプールMFルーカス・レイヴァに対しイエローカードを提示していることから、"紛失"したのはハーフタイム中だったのだろうか・・・。なお、試合は0-0のスコアレスで終了している。

試合後、リヴァプールのロジャース監督は

「2,3試合は勝てるくらい多くのチャンスがあった。勝てなかったことに非常に失望している。向こうのGKが素晴らしかったし、ゴールはいつか決まるだろう。私が長いことお目にかかっていないほどいいキーパーのパフォーマンスだった」

と引き分けという結果を悔やみつつ、相手GKアレックス・マッカーシー(23歳)を絶賛。さらに、

「若きアレックス(マッカーシー)は最高の最高のGKになる全ての素質を持っている。彼は6フィート5インチ(約195cm)あり、素晴らしい足をもち、一連のファンタスティックなセーブもある」

と持ち上げていた。

また、レディングのアドキンス監督もマッカーシーのプレーを湛えるコメントを残している。

【マッチハイライト】

(権利元の都合により埋め込みコードの掲載を取りやめました)