チェルシーのFW、サミュエル・エトーはジョゼ・モウリーニョとの再会をとても喜んでいるようだ。

エトーは1年契約でロシアのアンジ・マハチカラからチェルシーへ移籍。インテル時代の恩師であるモウリーニョとの再会を果たしている。エトー自身も二度と起きない移籍だと思っていたようだ。

「インテルで会う前はジョゼも自分も個人的には互いを知らなかった。だから僕達の関係は少し緊張があったよ」

「たぶんジョゼ・モウリーニョがコーチするクラブでは絶対にプレーしないと一度言った気がするね」

「だけど、神様はベストを知っていた。彼は僕が間違っていたことを証明したかったのさ。いま、ジョゼは友人だよ。そしていま彼は再び僕のコーチだ」

「彼と再びチームを組めるのは本当に喜びだよ。彼はピッチでもピッチの外でも素晴らしいし、こえは本当でマネージャーとしては稀な資質だね」

カメルーンのスターはインテルからロシアへと渡った理由がお金の問題であるという質問を一蹴している。

「自分がアンジへ行った時、人々はお金のためだと言った。だが、それはチャレンジのためだった。アンジでのチャレンジは下からトップへとチームを引き上げる事だった」

「チェルシーでは実績があり洗練された選手たちとプレーする機会を手にする事になるね」

【厳選Qoly】イングランド代表の「EURO2024メンバーから漏れた」大物スター5名