2月6日、朝鮮日報は「警察庁FCは、11日に安山市に本拠地を構えるための契約を締結する」と報じた。

警察庁FCは韓国2部・Kリーグチャレンジに所属しているクラブで、その名の通り韓国警察庁のサッカーチーム。陸軍が所有する尚州尚武フェニックスとともに、兵役期間中にある選手が所属する所としても知られている。

彼らの本拠地は龍仁市にある警察大学校のグラウンドであるが、設備の問題でKリーグを開催できず、昨年は全ての試合をアウェーで行っていた。そのため昇格の権利は保有していないが、オ・ボムソクやヨム・ギフン、イ・ホなどの代表選手を備える戦力の豊かさを見せつけ、昨季はリーグ2位と好成績を残した。

そして今回、昨年末に城南一和天馬の誘致に失敗した安山市が警察庁FCの本拠地として名乗り出たとのこと。

11日午後にはキム・チョルミン安山市長と、アン・チェギョン警察大学校長、クォン・ウガプ韓国プロサッカー連盟総裁が出席した会議が行われる予定で、この中で正式に契約が結ばれる見込みであるという。