ミランのレジェンドの1人であるカフーはクラレンス・セードルフが監督を続けるべきだと考えているようだ。

現役時代はローマ、ミラン、ブラジル代表の右サイドバックとして大活躍したカフー。1994年と2002年のワールドカップチャンピオンは来季の去就が不透明なセードルフに続投させるべきだと考えており、『Sky Sports』に対して以下のように語っている。

「クラブには彼のアイディアを理解して欲しいと思っているし、彼が続投することを容認して欲しいね」

「彼は人とは違うアイディアを持っている。彼は変化を与えたし、シーズン中にそれをするのは簡単じゃないよ」

「彼について決断する前に1シーズンか2シーズンチャンスを与えるべきだ」

「現段階で彼を排除するのは失礼だね。もし彼をクラブに留めずいい選手を獲得しないのに、どうやって競争力のあるチームを抱えるのさ」

【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】