『Inside』は「本日行われるセビージャとのUEFAスーパーカップに向けて、レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督は、トーニ・クロースハメス・ロドリゲスの起用を明言した」と報じた。


カルロ・アンチェロッティ レアル・マドリー監督

「我々は元気だ。8月5日に合流した選手には時間がなかったが、トレーニングは良いものだった。この試合をプレーするために忙しく頑張っていたよ。

クロースハメス・ロドリゲスはプレーする。ハメスは前線であればどこでもプレーが可能だ。ウイングが自然なポジションだが、しかしトップ下でもプレーができる。ワールドカップでそうしたようにね。私も攻撃的MFとして起用することを考えていた。

トーニ・クロースは偉大な選手であり、彼はおそらく、明らかに我々のメンバーを改善してくれるはずだ。彼の戦術的スキルとポジショニングスキルは本当に注目に値するものだ。

ロナウドの怪我の問題について)

ロナウドの問題については、昨季で終わっている。ロナウドはいかなる問題もなく最大限のインテンシティを持っている。彼はこの試合でいいプレーをするために必要なことすべてをやってきた。彼は昨年の問題については全てを忘れた。いいスタートを切れると思うよ。

サミ・ケディラアンヘル・ディ・マリアについて)

ディ・マリアはこの試合に向けて準備するために良い練習をしてきた。彼がバルデベバス(練習場)に到着した時には、この問題はロッカールームに持ち込まれていなかった。ここにきてから注目されている。我々は8月31日まで待たなければならない。

サミはレアル・マドリーの選手であり、2015年6月30日まで契約もある。それ以上のことは何もない。アンヘルサミはレアル・マドリーの選手だ。

(キーパーについて)

イケル・カシージャスは明日プレーするだろう。彼は元気だし、プレーするに値する。昨季チャンピオンズリーグで上手くやっていた。

ディエゴ・ロペスはここを離れるいい機会を探していた。彼には感謝したい。タイトルを獲得することを手助けしてくれたし、幸運を祈っている。彼らはミラノで彼の世話をしてくれるだろう。私は彼がうまくやるだろうと思っている。

イケルは偉大なゴールキーパーであるし、昨季も偉大なシーズンを過ごした。そして今季もそうなるだろう。誰もが試合でミスをするものだ。それが普通のこと。私はイケルを完全に信頼している。

(ベイルについて)

ギャレスはレアル・マドリー、そしてこの街をよく理解している。彼は昨季を上回るだろうと思っている。彼はとても良いフィジカルとメンタルの状態を保っているように見える。彼は成長するためにそうしているのだろう。

ギャレスは明日プレーするかどうかは分からない。誰もがホームでプレーする彼のことを話しているが、彼はサブからスタートするかもしれないよ。

バロンドール? 彼は世界最高の一人だ。昨季は素晴らしかったし、終わりも非常に良かった。しかし、注意しなければならないのは、このチームには多くの競争があるということだ。

ギャレスが勝ち取ることが出来るというのなら、私はセルヒオ・ラモスやクリスティアーノ・ロナウドがそれに値したとも言えるからね」