8月12日、『beIN Sports』や『Gazzetta dello Sport』のジャーナリストとして知られるタンクレティ・パルメリ氏は「マンチェスター・ユナイテッドはチリ代表Mアルトゥロ・ビダルの獲得に向けて、金銭に加えて2選手を譲渡する用意がある」と報じた。

それによれば、マンチェスター・ユナイテッドがユヴェントスに提示している移籍金は4500~4800万ユーロ(62~66億円)であるとのことだが、それに加えて2選手の譲渡という条件を打診しているとのことだ。

そして、その一人が先日ルイス・ファン・ハール監督から戦力外通告を受けたとされる、メキシコ代表FWハビエル・エルナンデスであるという。

ハビエル・エルナンデスは今夏アトレティコ・マドリー、そして最近ではインテルが獲得に前向きであると報じられていた。

しかし先日メキシコ代表監督を務めているミゲル・エレーラ氏が「ユヴェントスに行くべきだ」と話したこともあり、このレポートの真偽のほどはともかくとして、何らかの動きが水面下で存在する可能性は高いと思われる。