8月30日、『Inside』は「レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督は、スペイン代表MFシャビ・アロンソの退団は驚きだったことを認めた」と報じた。

日曜日にレアル・ソシエダとのアウェイゲームを控えているレアル・マドリー。アンチェロッティ監督は記者会見で以下のように話し、シャビ・アロンソの移籍、またクリスティアーノ・ロナウドのコンディションなどについて説明した。


カルロ・アンチェロッティ レアル・マドリー監督

「明らかにそれは驚きだった。全ては落ち着いているように見えたが、シャビ・アロンソは違う決断をしていたようだ。我々は驚いた。しかし、彼には多くのリスペクトを抱いている。彼はレアル・マドリー、そして彼自身に対して非常に公平な男だった。

皆彼と話したが、シャビ・アロンソは『異なる種類のモチベーションが必要だった』とよく説明をしてくれた。私は、誰もがそれを尊重できると思う。ここを去るという彼の考えを変えることは非常に難しかった。

これまでシャビがもたらしてくれたものを考えれば、『いや、君を行かせはしない』と言うのは難しい。

我々は彼の今後がベストなものであることを望むし、私はアロンソが昨季非常に重要な選手であったと思っている。彼はトロフィーを獲得するにあたって大きな助けとなった。

ただ、そのポジションについてはカバーされている。なぜならトーニ・クロース、アシエル・イジャラメンディの両名が非常に使える存在となるからだ。

(ディ・マリア、シャビ・アロンソの退団に合わせた補強は?)

我々が持っているのは小さなメンバーであると思う人もいるかもしれない。しかし、我々には非常に用途の広い選手がいる。

我々には5名のフォワードがいる。イスコ、ハメス・ロドリゲスがそれをこなせるからで、さらにヘセも加えられる。彼が間もなく回復すればね。

メンバーが確定したというわけではない。マーケットはまだ開いているからね。何らかの補強をするかもしれないし、しないかもしれないよ。

(ソシエダ戦でクリスティアーノ・ロナウドは?)

彼は押しなべて言えば健康だが、我々の優先事項は完全に回復するための時間を与えることだ。アトレティコ・マドリー戦、そしてチャンピオンズリーグにコンディションを合わせる準備をするためにね。彼は日曜日にはプレーしない。チームに含まれてもいない」