アルゼンチン2部、アルヘンティノス・ジュニオルスのMFフアン・ロマン・リケルメがボカ・ウニドス戦で今季3点目となるゴールを決めた。

リケルメは相手DF2人をひきつけておいて、左サイドを駆け上がった味方にパス。ゴール前に走り込んでリターンを受けると冷静に右足で流し込んでゴール!

このゴールもあってアルヘンティノスが4-0で勝利し、リーグ4試合ぶりの勝ち点3を手にした。 ネストル・ゴロシート監督も「我々はとてもいい試合をしたと思う」と満足げだった。