スペイン『SPORT』は、ブラジル五輪代表監督を務めるアレシャンドレ・ガーロは「2016年に開催されるリオ五輪代表チームに、ネイマールを招集するだろう」と話したと伝えた。

1991年2月5日生まれのネイマールは現在22歳。すでにブラジル代表のエースとして確固たる地位を築いており、この若さにして代表チームで通算40得点を記録する“王国”の絶対的エースである。

そんなネイマールが2年後に開催されるリオデジャネイロ五輪に出場する可能性が高いと、五輪代表ガーロが認めている。記事によれば、2016年五輪は地元ブラジルで行われるということから金メダル獲得が期待されており、バルセロナで勢いに乗るこのスター選手をチームに加える可能性があるという。

2012年のロンドン五輪で7試合に出場し4得点を奪ったネイマールは、2016年夏に24歳を迎える。周知の通り、現行のレギュレーションでは男子五輪サッカー競技に出場できる年齢は23歳までであり、ネイマールはこの条件を満たしていない。しかし、3名までの登録が認められているオーバーエイジ枠でネイマールを出場させるようだ。

同じく地元開催の2014年W杯で、ドイツの前に1-7と惨敗を喫し、オランダにも0-3と敗れ最悪の形で大会を終えたセレソン。やがて来る“リベンジ”の時を控え、尽くせる限りの手を打ってきそうだ。

ちなみに、翌2015年夏は南米選手権であるコパ・アメリカが開催されるが、翌々年の2016年夏にも100周年記念大会となるコパ・アメリカが開催される。このコパ・アメリカの開催期間は2016年6月であり、リオ五輪は2016年8月。もしネイマールが五輪代表に招集されれば、2015-16シーズンをフルで戦った後すぐにコパ・アメリカを戦い、休む間もなく五輪チームに向かうということで、コンディション的にはやや心配な部分がある。