10月31日、『L'equipe』は「リヨンに所属しているフランス代表MFヨアン・グルキュフは、右足内転筋の負傷によってニース戦を欠場する」と報じた。

これまで度重なる負傷に悩まされてきたヨアン・グルキュフであるが、9月12日に復帰し、10月にはモンペリエ戦、マルセイユ戦の2試合で3ゴールを決めるなど大活躍。復活を印象づけたものの、ここに来て再び治療が必要な状況となった。

<参考>あの頃のグルキュフが帰ってきたぞ! キレッキレのパフォーマンスで2発

<参考>グルキュフ2戦3発でリヨンを勝利に導く! マルセイユは8連勝でストップ

リヨンはマクシム・ゴナロン、ジョルダン・フェリの2名も負傷によってメンバー外となっており、ニース戦には帯同しないことが決定している。