10月26日、フランス・リーグアン第11節の4試合が開催された。ナイトゲームはこのところ調子を上げてきたリヨンと、怒涛の8連勝を飾っているマルセイユの一戦。

地力に勝るマルセイユが試合をコントロールしてはいたものの、リヨンは何とか失点を防ぎつつ反撃。

その中で力を発揮したのは、先日のモンペリエ戦で目覚ましいパフォーマンスを見せたグルキュフ。後半開始直後には鋭いフリーキックでゴールを脅かし……

そして65分、飛び出しから先制点を奪取! 冷静な切り返し、そして左足でゴール最上段に決めるテクニック。まさにグルキュフの才能が詰まったゴールだ。

苦しい状況が続くも、リヨンはこの先制点で得たリードを守りきることに成功。チームも大活躍のグルキュフを称える。

第2節から3連敗を喫していたリヨンであるが、モナコに勝って以来これで7試合負けなしの5勝2分け。しかもモナコ、PSG、マルセイユと対戦しながらということで、調子の良さを感じさせる結果となっている。