10月19日、リヨンは本拠地スタッド・ジェルランにモンペリエを迎えてフランス・リーグアン第10節を戦った。ここで素晴らしいパフォーマンスを見せたのが、トップ下で先発起用されたヨアン・グルキュフ。度重なる怪我で欠場を繰り返し、徐々に存在感が希薄になっていたかつてのスターが、以前の切れ味を取り戻したかのようなプレーを見せつけた。

3分に彼らしい巧みなキープを見せ、「今日は違うな」と思わせ…

そして36分にはラカゼットのポストからシュートを決め、先制点をゲット!

さらに2-0で迎えた後半開始直後にもジャレの折り返しから見事にコントロールしたシュート!

リヨンはこの後1点を返されるも、さらに2点を追加して5-1とモンペリエに快勝。順位を4位にまで浮上させ、CL出場権を争う位置に付けてきている。