11月10日、『Sky Italia』は「インテルの会長を務めているエリック・トヒル氏は、インドネシアに帰国する予定を延期し、緊急の取締役会を開くことを決断した」と報じた。

イタリア・セリエAで低迷するインテル。チームを率いているヴァルテル・マッツァーリ氏に対しての風当たりは強くなっており、日曜日に行われたヴェローナ戦でも勝利を収めることが出来なかった。

これまでマッツァーリ監督への信頼を崩していなかったトヒル会長も、先日から解任の可能性を検討していると言われており、ヴェローナ、ミラン、ローマとの3試合がその評価の基準となると報じられていた。

その最初の試合で躓いたという結果を受けて、エリック・トヒル会長は緊急の取締役会を開くことを決断し、そこに先日名誉会長を辞任したマッシモ・モラッティ氏を呼ぶという計画であるとのこと。

今週末を最後に欧州はインターナショナルマッチウィークに入り、リーグが中断される。もし解任を決断するのであればベストに近いタイミングであり、何らかの手が打たれる可能性が示唆されている。