11月4日、『TeleLombardia』は「インテルのテクニカルディレクターを務めているピエロ・アウジリオ氏は、ヴァルテル・マッツァーリ監督が少なくとも6月まで留任すると保証した」と報じた。


ピエロ・アウジリオ インテル テクニカルディレクター

「問題はマッツァーリにとってカギとなるポジションの選手を失っていることだ。そう、ウイングバックだ。これは、数人の選手が全ての試合をプレーしなければならないことを意味する。

3-5-2は非常に多くの運動量を要求する。特にそのポジションにはね。そして、3日ごとに試合をしなければならない状況なので、週の練習なしにやらなければならない。プレーするのは難しい。

マッツァーリは試合の準備をするにあたって迫力を感じさせているが、この条件では難しい。毎試合同じ選手がプレーしているからだ。

ドドとエルナネスは土曜日にプレーし、そして土曜日まで練習しなかった。しかし、怪我の危険がありながらも、彼らはチームに組み入れられた。

ある一定の条件が揃えば、ピッチ上の火はちらついてしまう。しかし、それはコーチの失敗ではない。

私はファンと、彼らの見解は尊重している。たとえマッツァーリがベンチに居続けることを望まない者でも。ナポリ戦のチームは称賛された。マッツァーリを好きであろうが嫌いであろうが、コーチとしての彼の能力に疑問を持つことはできない。

今季の終わりに、我々はマッツァーリの契約を評価する。完璧なチームが彼の手にあれば、マッツァーリは全ての試合を3-0で勝利するだろう。

クラブの誰もが言っていることを確認させてもらうよ。2015年6月、マッツァーリは我々の監督だ」


冨安がアーセナル初アシスト!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら