11月21日、『Gazzetta dello Sport』は「インテルに所属しているGKサミール・ハンダノヴィッチは、ロベルト・マンチーニ新監督の就任は肯定的なものになっていると話した」と報じた。

先日ヴァルテル・マッツァーリ前監督の解任を決断するとともに、ロベルト・マンチーニ氏を復帰させたインテル。まだ怪我人の続出など多くの問題は残っているものの、ハンダノヴィッチはチームの変化を肯定的に考えているようだ。


サミール・ハンダノヴィッチ

「すぐに何かが変わったと思った。より前向きな姿勢と情熱が確かに見て取れた。

マッツァーリ時代の何が悪かったか? それは僕にはわからない。難しい質問だ。他のチームが我々よりも強かった。そして、我々はやるべきことをやっていなかった。人々は結果で判断し、そしてインテルにとって引き分けは敗北のようなものだ。

ファンが幸福でない場合、雰囲気は抑圧的なものになるのは自然だ。ただ、事態がうまくいかないときは、それは単に誰か一人だけの失敗ではないのだ。

フットボールにおいてコーチを変更することは、通常肯定的なインパクトを与える。過去2年で、我々は監督、選手、オーナーも変わった。我々が今転機を迎えていて、正しい方向に向かっていけることを望んでいる」