11月14日、『Sky Italia』は「インテルのマッシモ・モラッティ前名誉会長は、ロベルト・マンチーニ監督の復帰が必要な状況だったのだと話した」と報じた。

14日にヴァルテル・マッツァーリ前監督を解任することを決断し、ロベルト・マンチーニ新監督の就任を発表したインテル。会長を務めているエリック・トヒル氏は、マッシモ・モラッティ前名誉会長などとの電話会談を行い決断したと話している。

相談を受けたと言われているマッシモ・モラッティ氏は、取材に対して以下のように話したとのことだ。


マッシモ・モラッティ インテル前名誉会長

「私はマッツァーリに謝りたい。彼は上手くやるために全てを賭けてくれていた。マンチーニを迎えられたことに満足しているし、それが最善であることを望んでいる。彼は偉大な監督であり、努力家であり、それが今必要なものだったんだ。

(エリック・トヒル会長からは何か?)

彼がどうやってこの結論に達したかについては、エリック・トヒルに聞くべきだよ。これはクラブに対しての質問だからね」