11月14日、イタリア・セリエAのインテルはヴァルテル・マッツァーリ前監督を解任するとともに、ロベルト・マンチーニ新監督の就任を発表した。

今季セリエAで低迷を続けてきたインテル。エリック・トヒル会長はマッツァーリ前監督への信頼を常に口にしてきたものの、ついに指揮官更迭という手段を選択することになった。

2008年以来の復帰となるロベルト・マンチーニ新監督は自身のツイッターに「新しい刺激的な挑戦だ。ネッラズーリのファンの下に再び行けることを幸せに思う」と投稿し、インテルでの2度目の指揮に意欲を述べた。

また、インテルのエリック・トヒル会長は「彼の国際的な経験と成功への欲望がチームを成長させる」と声明を発表している。


エリック・トヒル会長

「我々の目標は、ヨーロッパで最高のクラブの一つという、然るべき位置に戻ることだ。だからこそ、私はロベルト・マンチーニ監督の復帰を喜んでいる。

彼のインテルでの実績、そして他での実績が表している。彼の国際的な経験、そして成功絵の渇望は、チームを次のレベルに進めてくれるだろう」