『Sky Italia』は「インテルのエリック・トヒル会長は、ロベルト・マンチーニ氏以外の監督を雇うつもりはなかったと話した」と報じた。

14日にヴァルテル・マッツァーリ前監督を解任することを決定し、ロベルト・マンチーニ新監督を迎えたインテル。エリック・トヒル会長はこの決断についてのインタビューに答え、人選については「マンチーニ以外は考えていなかった」と話した。


エリック・トヒル インテル会長

「ディレクター、そしてモラッティ氏との長い電話会談を行い、私は皆と共に状況を変えることを決断した。私は誰が最高の男か、誰がイタリアで最高のコーチかという点に集中して考えた。例え、私がマッツァーリを評価し、感謝しているとしてもね。

これは一昼夜の間にすべてが起こったものだ。私はマンチーニ以外には誰のことも考えはしなかった。マンチーニは既にインテルのことをよく知っている。したがって、我々は彼を選んだ。クラブのためにね。我々は新鮮な空気、異なる空気を必要としており、圧力から逃れなければならない。

マンチーニは熱意をもってプロジェクトを受け入れてくれた。そしてクラブの財政的な問題にも気づいている。とはいえ、可能な限りの範囲で、1月に彼の提案に基づいた補強を行うつもりだ。ファンには、監督と選手を支援し、その仕事を尊重してくれるようにお願いしたい。

サンシーロは我々のホームでなければならない。まるでアウェイゲームであるかのようなスタジアムでプレーし続けることはできないんだ」