夏の移籍ウィンドウでミランからリヴァプールへと移籍したマリオ・バロテッリ。元マンチェスター・シティという事で多くを期待されたが、未だ大きな活躍を示す事ができず批判を浴びている。

バロテッリが苦戦している事について、代理人であるミーノ・ライオラはイタリアに住んでいる娘に会えないからであると考えているようだ。『Corriere dello Sport』が以下のように報じている。

「彼を批判するのは間違っている。リヴァプールで適応するための時間が必要だよ」

「彼の困難な時はフットボールに直結していない。だけど、彼が娘に会いたいのに会えていないのは事実だ」

バロテッリは元恋人のラッファエッラ・フィーコさんとの間に1歳になるピアちゃんという娘をもうけている。ピアちゃんが産まれた当時、バロテッリとフィーコさんは破局していたために法的問題に発展。最終的にDNA鑑定の末に認知している。

これらの経過を考えれば、さすがにチョット言い訳として苦しく、リヴァプールのサポーターを納得させるものとはならないのではないだろうか。