11月28日、インディアン・スーパーリーグのチェンナイインFCは「元イタリア代表DFアレッサンドロ・ネスタを獲得した」と公式発表した。

マルコ・マテラッツィが選手兼監督としてチームを率いているチェンナイインFC。これまで11試合を終えてリーグ首位に付ける活躍を見せている。しかし、先日4ゴールをあげていた元コロンビアU-20代表FWジョン・メンドーサが怪我をしてしまい、今後のプレーが不可能となった。

そこでチェンナイインFCはその代りとなる選手として、現役引退していたアレッサンドロ・ネスタと接触し、今回契約に至ったことが発表された。

なお、インディアン・スーパーリーグには選手登録のウィンドウが存在しないため既にかなりの選手が入れ替わっており、チェンナイインFCにはハイチ代表FWジャニュデ・モーリス、カメルーン代表MFエリック・ジェンバ=ジェンバなどが途中加入している。

アレッサンドロ・ネスタは1976年生まれの38歳。モントリオール・インパクトでプレーしていた昨年10月に現役引退を発表し、コーチ修業を始めることを明らかにしていたが、今回短期間ながらピッチに戻ることになった。