アーセナルはローマのストライカー、マッティア・デストロの獲得を目指しているようだ。

『Daily Star』によれば、アーセン・ヴェンゲル監督は攻撃陣の強化を望んでおり、デストロをピックアップしているという。また、ヴェンゲルはコスタリカ代表FWのジョエル・キャンベルとドイツ代表FWのルーカス・ポドルスキを放出する事を検討しており、売却時に得られる移籍金が資金源となるようだ。

しかし、ローマのスポーツディレクターを務めるヴァルテル・サバティーニは2000万ポンド(およそ37億円)のオファーを充分としながらも、デストロの残留を希望しており、移籍交渉は難航しているようだ。サバティーニは先月、以下のように語っている。

「我々は現在のチームに満足しているが、状況は常にチェックしているよ」

「デストロは我々が知っている限り、マーケット外にいる。我々は彼をトッププレーヤーと考えているので、彼も退団を望まないだろう」

今季のデストロはセリエAで12試合に出場(先発は7試合)し、4ゴールを奪っている。