12月7日、『Footmercato』は「イングランド・プレミアリーグのアーセナルは、リヨンに所属しているFWナビル・フェキールの獲得に向けてスカウトを送っている」と報じた。

今季多くの怪我人に悩まされているアーセナルは、冬のマーケットで何らかの補強を行うのではないかと考えられており、前線ではパレルモのパウロ・ディバラに加え、ローマのイタリア代表FWマッティア・デストロが再び候補に上がってきたと言われている。

さらに今回浮上したのがリヨンで昨季から今季にかけて台頭しているフランスU-21代表FWナビル・フェキールである。下部組織出身の生え抜きで、これまでトップチームでは23試合に出場し7ゴール5アシストを記録した。

左利きの攻撃的MFで、本職はサイドであったが今季はツートップの一角としてプレー。鋭いドリブル突破とキックの精度を併せ持っているタイプだ。名前から判別できるがルーツはアルジェリアに持っており、先日は代表にも誘われていたが本人が断っている。

アーセナルは継続的にリヨンの試合にスカウトを送り込んでおり、ナビル・フェキールのプレーをチェックしているとのことで、現在1000万ユーロ(およそ15億円)程度のオファーを送る可能性があるという。