12月5日、『Ole』は「パレルモに所属しているアルゼンチン人FWパウロ・ディバラは、アーセナルに移籍するという噂について『魅力的ではあるが、パレルモに集中している』と話した」と報じた。

イタリア・セリエAで目覚ましい活躍を見せており、冬のマーケットでは注目株になると予想されているパウロ・ディバラ。イングランド・プレミアリーグのアーセナルが4000~4200万ユーロの資金を投入する構えを見せているが、パレルモのザンパリーニ会長はより高額の移籍金を求めているという。

かつて「自分に4000万ユーロの価値はないよ」と語っていたディバラは、アーセナルへの移籍というのは魅力的だがパレルモでのプレーに集中するだけだと話した。


パウロ・ディバラ

「そのような誰かが僕を評価してくれることは、僕に誇りを与えてくれる。

アーセナルへ行くということ、そしてプレミアリーグでプレーするということは素晴らしいものだというのは否定できないよ。しかし、僕は今パレルモの選手なんだ。

様々なニュースの記事は出続けているけれど、僕が考えているのは週末のトリノ戦の事だけだ。我々の目標はここに留まること。そこから気を散らしてしまうことは許されないよ」