3月10日、『Ahram』は「エジプトサッカー連盟は、エクトル・クーペル監督と正式に契約を交わした」と報じた。

2015年アフリカネイションズカップの予選で敗退したエジプトは、現コートジボワール代表監督のエルヴェ・ルナール氏や、韓国代表監督のウリ・シュティーリケ氏などを候補に挙げて新指揮官を探していた。

先日はそのリストに入っていなかったエクトル・クーペル氏との契約を発表したものの、その後メディアによってまだ合意に至っていないことが報じられ、話題となった。

最悪の事態もあり得ると伝えられてはいたが、今回無事に契約にこぎ着けられたことが明らかとなり、ようやく不安定な状況にケリがついた格好となった。

なお、給与については月額6万5000ドル(およそ785万円)で、年俸でいえば9500万円程度となる。