近日の主な動き

これまでヤヤ・トゥレ、パウロ・ディバラ。ステヴァン・ヨヴェティッチの獲得、ハンダノヴィッチとイカルディ、コヴァチッチの放出という噂が大きく報じられてきたインテル。この数日でまた新しい動きが出てきている。

『Inside』はヤヤ・トゥレの獲得に失敗した場合にルーカス・レイヴァ(リヴァプール)、アレクサンドル・ソング(ウェストハム)の2名を代役としてリストアップしていると報じた。

また『Corriere Dello Sport』はモナコのフランス代表MFジョフレイ・コンドグビアをチェックしていると報じている。

ここまでの3名は皆ボランチ。代役の話が出てきたということは、ヤヤ・トゥレの交渉はスムーズに進んでいないのだろうか?

一方前線では『Metro』がペドロ・ロドリゲス(バルセロナ)がインテルへの移籍に傾いていると報じている。ただこれについても1200万ポンド(およそ21億5000万円)の入札が必要だとのこと。

なお、以前の記事は以下から参照ください。

(参考)インテル、ヨヴェティッチ獲得に向けて会談中?ほか

(参考)インテル、ベルギー代表の名選手の息子を獲得 ほか

(参考)インテル、フランス代表MFトゥラランを獲り逃す? ほか

(参考)インテル、ヤヤ・トゥレの獲得に向けて記録的年俸を準備? ほか

【厳選Qoly】親の名前が強すぎる!父の跡を追う「オランダ最強レジェンド」の息子5名

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら