『Tuttomercatoweb』は「イングランド・プレミアリーグのレスター・シティに所属している元アルゼンチン代表MFエステバン・カンビアッソに対し、インディアン・スーパーリーグのデリー・ダイナモスが関心を寄せている」と報じた。

昨年発足し、多くのスター選手を獲得したことで話題を集めたインディアン・スーパーリーグ。短期間の興業であるため各チームの選手は今季もドラフトなどで集められることになっている。

昨年第5位となったデリー・ダイナモスは、インドの大手ケーブルテレビ会社のDENネットワークが所有しているクラブ。先日は同じアルゼンチン代表だったガブリエル・エインセの獲得に乗り出しているとも報じられていた。

レスター・シティと今季末までの契約を結んでいるカンビアッソは、34歳となった今季も25試合に出場し4ゴールを決める活躍を見せてはいるが、チームは降格圏内の18位と低迷。

カンビアッソは来季の去就についてはレスター・シティが残留できるかどうかが決まるまで保留にしており、もし降格することになればインドに移籍するのではないか?と推測されている。