4月21日、『Tuttomercatoweb』は「元アルゼンチン代表DFガブリエル・エインセは、インディアン・スーパーリーグのデリー・ダイナモスと契約交渉を行っている」と報じた。

ガブリエル・エインセは1978年生まれの37歳。パリ・サンジェルマン、マンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリー、マルセイユなど数々のビッグクラブで活躍を見せ、アルゼンチン代表としても2度のワールドカップに出場した伝説的DFである。

しかし、昨年ニューウェルス・オールドボーイズを退団した後は所属するクラブがない状況となっている。

昨年大きな話題となったインディアン・スーパーリーグは、今年も同じように開催されることが決まっているが、選手については再びドラフトなどで一から決定される。

デリー・ダイナモスは今年のシーズンに向けた大物選手としてガブリエル・エインセの獲得を目指しており、現在交渉を進めているという。