チェルシーの新たな副キャプテンに、DFブラニスラフ・イヴァノヴィッチが就任したようだ。

チェルシー公式ホームページが伝えている。

イヴァノヴィッチは1984年生まれの31歳。DFながら重要な場面でゴールをあげる選手として知られており、2014-15シーズンはジョン・テリーとともにプレミアリーグで全試合フル試合出場を果たし、チームのリーグ優勝に大きく貢献した。

チェルシーでは長らく、ジョン・テリーとフランク・ランパードがキャプテンと副キャプテンを務めてきた。しかし、2014年夏にランパードが退団。これにともない2014-15シーズンはペトル・チェフが副キャプテンに就いていたのだが、そのチェフもこの夏アーセナルへと移籍し、副キャプテンが不在となっていた。

そこで白羽の矢が立ったのが、在籍9シーズン目を迎えるイヴァノヴィッチだった。

イヴァノヴィッチはエデン・アザールが怒涛の3人抜きゴールを決めたバルセロナとのプレシーズンマッチにもキャプテンマークを巻いて先発出場している。

今回の決定を受け、イヴァノヴィッチはこのようにコメントしている。

ブラニスラフ・イヴァノヴィッチ(チェルシー)

「私は本当にとてもハッピーだ。

このチームの副キャプテンに就任したことをとても誇りに思う。私にとってより責任のある特別なことであり、チームのためによくやっていきたい。

ベストを尽くしながら、以前やっていたことを今はするようにしている。

それはこれからも同様だけど、基本的に多くのことは変わらないさ。ジョン・テリーは真のキャプテンでありリーダーだね」