11日、『Gazzetta dello Sport』は「ローマに所属しているベルギー代表MFラジャ・ナインゴランは、ニンジャのトレーニングを受けた」と報じた。

ローマの中盤で泥臭い仕事を続けるナインゴラン。彼は縁の下の力持ちといえるスタイル、インドネシアにルーツを持つこと、名前の雰囲気がちょっと似ていることなどから「ニンジャ」というあだ名を持っている。

また日本との縁はそれだけではなく、実は代表のデビューも2009年5月29日に千葉で行われたキリンカップである。

足には漢字のタトゥーも入れている彼が、テレビの企画でニンジャのトレーニングに挑戦!

ちょっとセガール風の師匠が教える! これはニンジャのトレーニング……なのか? なんというかいろいろ気になるが、気にしないことにしよう!