8日に行われたUEFAチャンピオンズリーグのラウンド16、レアル・マドリー対ローマ戦の2ndレグ。

試合はマドリーが2-0で勝利し、6大会連続となる準々決勝進出を決めた。

そんなこのゲームで密かに話題を呼んでいるのは、途中出場のフランチェスコ・トッティに対してサンティアゴ・ベルナベウのファンから送られた拍手だった。

74分、トッティはステファン・エル・シャラウィとの交代で出場。

この時点でマドリーはアグリゲートスコアを4-0としており、勝利をほぼ手中に収めていた。トッティが偉大であることに間違いないが、そうしたこともあってマドリーのファンからは大きな拍手が送られたのだ(詳細はこちら)。

ローマでなかなか出場の機会を与えられず、今季が現役ラストシーズンではないかとも伝えられるトッティ。仮にその噂が現実のものとなれば、この試合が自身にとって最後のCLということになる。

そんなトッティは試合後、マドリーのあの選手とユニフォーム交換をしていたようだ。

トッティのユニフォームをゲットしたのは、この日マドリーのキャプテンとして先発フル出場を果たしたセルヒオ・ラモスだ。

『The SPORTbible』によれば、トッティは試合後にマドリーのドレッシングルームを訪れ、お互いのサインが入ったユニフォームをセルヒオ・ラモスと交換したのだそう。その証拠に、背番号のあたりには何やら黒い文字が書かれている。

セルヒオ・ラモスにとってトッティはちょうど10歳年上であり、プロに入る前からローマでの活躍を見ていたはずだ。そんなレジェンドから直々に指名を受け、感激していたに違いない。

※追記

後にセルヒオ・ラモスはトッティとの2ショット写真を掲載していた。