プレーオフ真っただ中のベルギー1部リーグ。このほど、クルブ・ブルッヘ対ズルテ=ワレヘム戦が行われたのだが、そこで悲しい出来事があった。

現地メディア『7sur7』や『hbvl』などによれば、試合会場のヤン・ブレイデルスタディオンで65歳のサポーターが心臓発作で倒れ、病院へと搬送されたものの息を引き取ったという。

ホームのブルッヘが5-0で勝利した試合後、スタジアムでもこの訃報が伝えられると、サポーターたちが「You 'll never walk alone」を合唱し、その死を悼んでいた。

また、試合後の記者会見の席ではブルッヘのミシェル・プロドーム監督がクラブを代表して、亡くなったサポーターへの哀悼の意を表したとも伝えられている。