編集部K

3位:スリランカ代表 Away(2015?)

サプライヤー:Grand Sport
選考理由:エンジ+ゴールドはありとあらゆる色の組み合わせの中でも「気高い」と言えるもの。スズキカップで見たスリランカのユニフォームは非常に美しく、インパクトが強かった。

2位:フランス代表 Home(2012-13)

サプライヤー:Nike
選考理由:青のストライプに金の刺繍で彩られるエンブレム。2014年のモデルの方がパリッとした感はあるが、この2012年のモデルはトゥーロン国際大会で見た際の印象が強い。特に、胸板が厚い黒人選手にはとても似合うのだ。

1位:ガーナ代表 Home(2014-15)

サプライヤー:Puma
選考理由:近年最も印象に残っているのは2014年ワールドカップに向けたガーナ代表のユニフォームだ。アフリカにありがちな派手すぎ感はなく、清潔感とワンポイントのインパクトを兼ね備えたデザイン。アウェイの赤もなかなか。

【Part2に続く!】