開幕から好調で首位に立っていたハーツであるが、その後少し足踏みしたことでオール・スターズに抜かれてしまった。

だが、今度はそのオール・スターズが足踏みし始め、ハーツは8日のベレクム・チェルシー戦で勝利を収めたことで再び首位に立ることに成功した。

このところアドゥアナ・スターズが4連勝で急浮上してきたこともあり、3位以下との差は縮まってきた。しかし、まだトップにいることは間違いない。

ハーツは、4月初頭に行われたオール・スターズとの直接対決では1-3と敗れ、それによって発生したファンの暴動によって3試合の観客入場禁止の処分を受けた。

様々な難しい状況を経験したものの、クラブは上位をキープすることができ、悲願のリーグ優勝への道筋を歩んでいる。

13日、『Ghanasoccernet』に対して八橋健一監督は以下のように話している。

八橋健一

「私はプレッシャーに晒されている。しかし、私は毎日このプレッシャーを楽しんでいる。

圧力はいつもあるものだ。私のやっていることが良かろうが、悪かろうが。私はピッチの上で働く。そして、我々がベストを尽くせるようにする」

ハーツ・オブ・オークの次なる試合は5月18日、ホームで迎えるセコンディ・ハサーカス戦だ。当然、ここで勝利すれば首位を維持することが出来る。