こんにちは、駒場野です。

4月に書いたJIFFについての記事は、多くの皆さんにご覧いただき、私宛のご反応も何通も寄せられました。本当にありがとうございました。いずれ、この記事のフォローアップをする予定です。

何が変わる?何を変える? 日本障がい者サッカー連盟(JIFF)の発足と課題
https://qoly.jp/2016/04/03/column-nakanishi-jiff

さて、これは前から編集部と話していた企画です。

今年はガンバ大阪の本拠地になる市立吹田スタジアムが完成し、今後も全国各地で続々と新競技場の建設が予定されています。そこで、これから出来るスタジアムはどんな特徴があるのか、特に「これから作る所にどんな点で参考になるのか」という視点で、Qoly読者の皆さんに情報を提供しようという事になりました。

ご案内役は私になりましたが、編集部からは「くれぐれもいつもの調子で長々と書かないように」と思い切り釘を打たれましたので(苦笑)、簡潔にやります。

では、第1回として今年から使われるスタジアムの吹田と八戸の2つを取り上げます。

市立吹田サッカースタジアム
By Kanko3131 - 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=47...

吹田スタジアムの内装。左側にある北側サイドスタンドにはVIPエリアが無く、ガンバサポーターが3層から一体となって声援を送れる。

【次ページ】“欧州基準”の新スタジアム「吹田」