『FourFourTwo』は「ウルグアイ代表監督オスカル・タバレス氏に対し、古巣でもあるミランが支援の声を上げた」と報じた。

先日行われていたコパ・アメリカ・センテナリオでウルグアイ代表の指揮を執っていたオスカル・タバレス。しかし、スクーターや杖を使わなければいけない状況となっており、その状態が心配されていた。

病名については公表されていなかったのだが、今回メディアからそれがギラン・バレー症候群であることが明らかにされた。

ギラン・バレー症候群は筋肉を動かす神経に障害が発生する特定疾患で、10万人当たり1~2名が罹患すると言われる。

ミランは公式サイトで以下のように伝え、1995-96シーズンに短期間チームを率いたオスカル・タバレス氏のサポートを約束した。

ミラン

「タバレスとは数か月しかともに働くことはなかったが、ミランは彼の専門知識とプロふぇっしょなリズムを忘れてはいない。

我々は、コパ・アメリカの間に彼を襲った病気に対する医学的知見を待っている間、愛とサポートを送る。がんばれ、マエストロ」