世界中で大流行しているスマホ向けゲーム「ポケモンGO」。

アメリカに続きヨーロッパでも次々と配信が開始しており、そのユーザー数は拡大する一方だ。

そんな「ポケモンGO」がどれだけ人気であるかを象徴するようなゴールセレブレーションがフィンランドで生まれた。

1部ヴェイッカウスリーガに所属するRoPS(ロヴァニエメン・パロセウラ)は18日に行われたラハティ戦、ロバート・テイラーのゴールで先制に成功すると…

選手たちが一斉に集まり、両手を使ってシュッシュとやるこのパフォーマンス…。そう、これは「ポケモンGO」でモンスターを捕まえる時にやる仕草だ。

さすがにスマートフォンを取り出して操作するわけにはいかなかったが、みんなでやって楽しそう!フィンランドでは今月16日からゲームが利用可能となっているが、早速人気となっているようだ。

なお、試合は1-2でRoPSが勝利。今後、世界のサッカーシーンでこのパフォーマンスが流行るかもしれない。