『ITV』は「元イスラエル代表FWガイ・アスリンは、メッシ二世と呼ばれたことの苦しさを明かした」と報じた。

かつてバルセロナの下部組織でドリブラーとして活躍し、「NEXTメッシ」と呼ばれたガイ・アスリン。しかしそれからブレイクの機会を逃し、今季は3部のサバデルでプレーしている。

彼はインタビューに対して以下のように話し、メッシと比較されることでピッチに行くことが辛くなったと語った。

ガイ・アスリン

「僕はドリブル、一対一、そして攻撃が好きな種の選手だった。その説明は、自分にとっても、誰にとっても良くないものだったと思う。

歴史上でも最も偉大な選手たちと比較された時、そこには多くの期待が発生する。ピッチに行くことが辛くなる。

従って、それが良い比較であるとは思えなくなる。個人的に思うのは、それが僕の最初の歩みを傷つけたということだ。

それもサッカーだ。メディアはいつも選手を比較することを好む。メッシのような選手と比べられたのは光栄だが、毎週のようにそうされるのは不公平なことだ」

(バルセロナとマンチェスター・シティ時代について)

<他記事参照>

(今年3部のサバデルに加入したね)

「僕は故郷に戻るチャンスに飛びついたよ。お金は少ないものだったとはいえね。

自分は今25歳で、お金は最も重要なものではない。プレーしたいし、より高いレベルのリーグでプレーできるチャンスを増やしたい。

オファーを受けたときは何も考えなかった。この国でプレーすることはとても重要だった。ここのサッカーはよりプロフェッショナルだ。

鍵はプレーし続けることだと思う。出場時間を得て、競争力を高めていく。選手としての自分に最も重要なのは、毎週僕のスキルを見せること。それは昨年できなかったことだし、今季それが可能になることを望んでいるよ」