もうすぐクラブW杯のために来日するレアル・マドリー。

週末にはサンティアゴ・ベルナベウでのデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦が控えているのだが、クリスティアーノ・ロナウドの髪に変化があったようだ。

『Marca』によれば、現地金曜日の練習で一部が金髪になっていたという(これまでとほぼ変わっていないようにも見えるが…)。

同紙ではその理由について、バロンドールにあるのではないかとしている。

ロナウドはリオネル・メッシ(バルセロナ)、アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリー)とともに最終候補3名に入っている。そして、12日(月曜)には受賞者が発表される予定だ。

マドリーは土曜日にデポル戦を戦い、日曜日には日本へ向かう。もしロナウドが受賞者だった場合、日程的に受賞用の写真を撮るのは今週の木曜日ではないかという推測があるという。そういったことからこの金髪はロナウドの受賞を裏付けるものでは?というようなニュアンスで同紙では伝えてる。

かなり強引な気もするが、果たして…(そもそも改めて染めたのかも微妙だが)。