今季チェルシーへと驚きの復帰を果たしたブラジル人DFダヴィド・ルイス。

アントニオ・コンテ監督が採用する3-4-3システムにおいて、抜群の存在感を発揮している。

その彼を元イングランド代表のレジェンドであるスチュアート・ピアースが大絶賛した。『talkSPORT』で述べた言葉を『dailystar』が伝えている。

スチュアート・ピアース

「ダヴィド・ルイスは今年のイングランドにおいて突出しているディフェンダーだろうね。

これまでも何度も言ってきたが、彼にはチェルシーのキャプテンとしての地位を与えるべきだろう。

彼は守備においてアグレッシブだし、速くて読みもある」

ルイスはプレミアNo.1のディフェンダーであり、チェルシーのキャプテンになるべきと述べたという。

さらに、ピアースはマンチェスター・シティ移籍後にやや苦しんでいるDFジョン・ストーンズについても言及した。

スチュアート・ピアース

「ジョン・ストーンズはまだゲームを学んでいるところだ。

彼は自分の頭のなかで学ばなくてはならない。だが、今の彼は常にミスをし過ぎている」

22歳と若いストーンズにはまだ学ぶべきことがあるという考えのようだ。