ヨーロッパ王者レアル・マドリー。

すでに来日しているが、ついに今夜行われるクラブワールドカップ準決勝に登場する。

そんなマドリーは先週末のデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦で、クリスティアーノ・ロナウドを休ませた。

ロナウドはサンティアゴ・ベルナベウの関係者席から試合の行方を見守ったのだが、その隣には新恋人の姿があった。

この女性の名は、ジョージナ・ロドリゲス。

ファッション関係の仕事をしていた女性で、11月頃からロナウドとの2ショットが度々目撃されている。

ロナウドといえば、世界的モデルであるイリーナ・シェイクとの破局後いろんな噂があったものの、どれもその信憑性ははっきりせず。

この日はロナウドの母と息子と4人で試合を観戦しており、どうやら新たな恋人であることは間違いなさそうだ。