セリエA第23節、トリノ対エンポリ戦は1-1の引き分けとなった。

トリノはエースFWアンドレア・ベロッティのゴールで幸先よく先制するも、前半終了間際に痛恨の失点を喫してしまった。

DFアルリンド・アイェティのバックパスが、雨に濡れたピッチで急停止!GKジョー・ハートが慌てて飛び出すも間に合わず、相手FWマヌエル・プッチャレッリに押し込まれてしまった…。

プッチャレッリのラッシュとコントロールも見事だったが、なんとも不運な形だった。

後半にはイアゴ・ファルケのPK失敗もあり勝ち越せなかったトリノは、2017年になってからいまだに勝利がない。

シニシャ・ミハイロヴィッチ(トリノ監督)

「不運にも我々は今季4つものPKを失敗している。

アデム・リャイッチ、イアゴ・ファルケ、ベロッティ、我々には3人のPKキッカーがいる。

(キッカーを巡って)彼らがいつも口論してミスし続けるのを見るに、今後はベロッティだけが蹴ると私には言うことができる。

我々は厳しい時を過ごしている。だが、長いシーズンにおいては普通のことだ。

何よりも大事なのは、この状況からできるだけ早く抜け出すことだ」

「アイェティはあのミスにうなだれていたよ。

ピッチがああいうコンディションなら、もっと強く蹴るか浮かせるかにすべきだと伝えた。

芝の状態は我々の助けにならなかったが、全ての試合で我々は大きなミスをしているように思える。

私が選手を責める時、そうするのは彼らがそれを扱えると思っているからだ。

誰もが同じではない。私がその選手をどう扱うかは、彼らのパーソナリティによる」