今季リーグとCLで躍進を遂げ、話題を集めているモナコ。多くの選手がビッグクラブから狙われている。

そんななか、『Calciomercato.com』が興味深い話題を伝えていた。

それによれば、インテルもモナコMFファビーニョに関心を寄せているという。

モナコMFファビーニョ

かつてレアル・マドリーにも短期間所属していたファビーニョは23歳。サイドバックからボランチへとコンバートされると、攻守に渡る貢献でモナコのキーマンへと成長した。

そんな彼についてはマンチェスター・ユナイテッド、ユヴェントス、アーセナル、バルセロナ、チェルシーら列強クラブも興味を示している。そこにインテルも参戦したようで、CLユヴェントス戦に視察のためのスカウトを送り込んでいたようだ。

獲得のために必要とされる移籍金は4500万ユーロ(55.7億円)ともいわれている。ただ、ファビーニョの父親は、息子が好きなクラブはマンチェスター・シティだと明かしたそうだ…。