イアン・アーヴィング

(1978年にクラブドクターになってから、研究は進みましたね。医師はどのように進化した?)

「大きく変ったと思うね。一部の病気を治すこと以外については、スポーツ医学の新しいコンセプトが導入されてきた。

最も大きな違いは、整形手術の進化だろうね。ハンマーとノミでやっていた時代から、とても細かい技術が使われるようになった。

選手のキャリアを復活させることに対して、これは大きな影響を与えるものだよ。整形外科はとても洗練された。

ただ奇妙なことではあるが、あらゆる部分で現代的な技術が増えてきても、治療の時間が変わったとは思わない。

私の見解であるが、筋肉についてはこれまでと同じような時間が必要であり、再発の危険性も変わらないのだ」

(これからは何をするつもり?)

「数年前、紅海で水中撮影をした。そして去年もそこに行ったのだが、セーリングボートで旅をしたんだ。私はこの経験に恋をした。

それから、サルディーニャの友人とともにセーリングボートを購入した。45フィートのね。

あと、ゴルフだ。10年間プレーしてきて、ハンディキャップは23だ。ちょっと前にはロナルト・クーマン監督も連れて行ったよ。

もちろん、グディソン・パークにも時間を見つけて足を運ぶよ。昨季はスタンドから何試合かを見させてもらった。ベンチで見るよりもどれだけ遅く感じるか、それが分かったね。

エヴァートンでもう働くことが出来ないのは、個人的には残念だ。

しかし同時に、私より若い人にとってはチャンスだ。前に進むべきだ。誰にでも成功するチャンスはあるのだからね」
冨安!ロナウド!プレミア観るならDAZN、1ヶ月無料登録はこちら