先日、あのパオロ・マルディーニがプロテニストーナメントにデビューしたことで大きな話題を集めた。

この試合で敗北したマルディーニは結局すでにテニス選手からも引退を表明しているが、さらに今夏もう1人違うスポーツに進出した男がいる。

それは現在インテルでプレーしているクロアチア代表FWイヴァン・ペリシッチだ。

彼は先週開幕したビーチバレーのワールドツアーシリーズ、ポレッチ・メジャー2017にクロアチアの代表選手として出場したのである。

ニクシャ・デロルコをパートナーとして臨んだペリシッチは、昨年のリオ五輪に出場したブラジルのペア、アルヴァロ・ジ・モライス・フィーリョ&サイモン・バルボーザ・サントスと対戦。

流石に21-10、21-10とストレートで敗北することになったが、ペリシッチは鋭いスパイクを決めるなどバレーボール選手としての能力も見せつけた。

もちろんサッカーのオフシーズンに限られるだろうが、今後もペリシッチはこちらの道も極めていくのだろうか?注目である。