今週開幕を迎えたUEFAチャンピオンズリーグ。

ここでは、『Squawka』による「今季のCLにおけるアタッキングトリオTOP10」を見てみよう。

10位 ドルトムント(オーバメヤング、プリシッチ、マルコ・ロイス)

ドルトムント

現在、ブンデスリーガ首位に立つドルトムント。このダイナミックなトリオは新たに形成されたが、スピードとポテンシャルに溢れている。

オーバメヤングは電光石火のゴールマシーンであり、マルコ・ロイスはまだワールドクラスの選手である。

だが、Xファクターはプリシッチだ。18歳のアメリカ代表はウィンガーとして、そしてマッチウィナーとして、いい意味で期待を裏切り続けている。そして、彼はこのトリオの質を高めるだろう。

9位 マンチェスター・ユナイテッド(ムヒタリャン、ルカク、マルシャル)

マンチェスター・ユナイテッド

ユナイテッドの“死のラインアップ”は、今のところ試合終盤にしか起用されていない。だが、相手を打ちのめす素晴らしさがあることは証明されている。

ゲームを大半を中央でプレーした後、ムヒタリャンは相手を騙すように右に移る。そして、普通の人が路上のガムを見つけるように、彼はパスレーンを見つける。

ルカクは襲撃的なストライカーであり、マルシャルはユナイテッドで最もキレのあるドリブラーだ。フレッシュな状態で投入されると、相手は誰も対処できない。

【次ページ】スピードがえぐい!