『BeIN Sport』は13日、「ユヴェントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督は、マリオ・マンジュキッチの怪我について話した」と報じた。

先日行われたウクライナ戦で足首を負傷してしまったマンジュキッチ。土曜日のラツィオ戦には出場できないと言われていた。

しかし前日会見に臨んだアッレグリ監督は以下のように話し、練習もしているし問題ないと語ったという。

マッシミリアーノ・アッレグリ

「ダメだよ。マンジュキッチに『怪我をした』なんて言ったら。もし君がそうしたら、彼は怒るだろう。

彼は戻っているし、健康だ。クロアチア代表で何か深刻すぎることがあったとは、私は思わない。

プレーできる。練習もした。本当にいいよ」

(ブッフォンやケディラは?)

「ブッフォンはプレーするよ。彼は皆のように代表から美しく戻ってきた。

ケディラは大丈夫だ。明日戻ってくるだろう。マンジュキッチも大丈夫。ピャニッチは水曜日に使えるようになるだろうね。リスクは冒したくはないからね。

クラウディオ・マルキージオは少しだけチームとともに働いている状況だ。時には個人的な練習でね。

マッティア・デ・シーリョとベネディクト・ヘヴェデスはもうちょっと時間が必要だ。それはマルコ・ピャツァも同じだね」