先週末に行われたセリエAの第9節。

スパル2013対サッスオーロの試合は0-1でサッスオーロが勝利した。

そんなこのゲームの終盤では、サッスオーロにリードを広げるチャンスがあった。

ペナルティエリア内でアントニーノ・ラグーザがサウリ・ヴァイサネンに倒され、PKが与えられたのだ。

キッカーはサッスオーロのエースであるドメニコ・ベラルディ。しかし、このシュートはGKアルフレッド・ゴミスに防がれてしまう(「YouTubeで見る」からご覧ください。02:59から)。

まさかのPK失敗となったベラルディ。

しかし、このPK失敗の背後にはある珍事があったという。

イタリア『La Gazzetta dello Sport』によれば、PKを蹴る際ベラルディの顔には虫がはりついていたのだそうだ。

確かに右目の下にハエのような物体が…。キッカーとしてはこれは気になるかもしれない。