先日、2007年から契約してきたチェルシーを離れることが決まったマイケル・エメナロ氏。

チーフスカウトやアシスタントコーチを務め、2011年からはテクニカルディレクターとして全ての移籍を取り仕切ってきた。

その中で進められてきたのが、多くの有望選手を獲得して様々なクラブにローン移籍させるというシステムだ。

数名の選手からは毎年クラブが変わることに対する不満も出ており、その手法に批判もあった。

しかし『FourFourTwo』によれば、彼は『Chelsea TV』に対して以下のように話し、大きな成功を収めていると主張したとのこと。

マイケル・エメナロ

(若手選手を大量にローン移籍させるシステムは成功した?)

「間違いなく成功しているよ。

アンドレアス・クリステンセンは素晴らしいパフォーマンスを見せてくれた。それは、彼の何が発展したかを示しているからだ。

選手の開発というのは、謙虚さ、努力、そしてタイミングだ。アンドレアスはその3つを全て満たした。

彼は素晴らしい謙虚さを見せてローン移籍していった。そして、そこで非常に努力をした。そして、経験を高めることも必要だ。

次のステップを進めるタイミングも正しかった。そして、開発期間の間に何を学んだかを見せてくれた」