Colombia 2018 adidas Goalkeeper

新しいゴールキーパーユニフォームは、ダビド・オスピナが着用したビジュアルイメージが先に公開された。なおこのユニフォームは、先の韓国代表戦と中国代表戦では使われていない。

しかし、どこか見覚えがあるようなデザインだが…

これ! 1990年のイタリア大会でレネ・イギータが着用したユニフォームをモチーフにしたものと考えられる。

いろんな意味で規格外だったイギータもまた、当時のコロンビア代表を象徴する選手の一人。ちなみに現在は古巣アトレティコ・ナシオナルでGKコーチを務めている。

Colombia 2018 adidas Presentation Jacket

こちらは選手が移動の際などに着用するプレゼンテーション・ジャケット。ロシア大会の出場国は、トレーニングウェア系のレプリカ商品化がかなり充実している。

2014年の前回大会は、過去最高位のベスト8入りを果たしたコロンビア代表。ロシア大会では、どのような結果が待ち受けているのだろうか。

【厳選Qoly】サガン鳥栖MF長沼洋一「WBが嫌だった」から始まった武者修行…川井健太監督との出会い、苦節8年目での二桁ゴール(インタビュー)

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら